1. HOME
  2. 会社案内
商 号
エムジーシー大塚ケミカル株式会社  Otsuka-MGC Chemical Company,lnc.
代表者
代表取締役社長 林 拓安(はやし ひろやす)    
事業内容
水加ヒドラジンの製造および販売
本 社
〒541-0041  大阪市中央区北浜3-5-29 日本生命淀屋橋ビル8F    »MAP
Tel :06-4706-7562  Fax :06-4706-7564
資本金
4億5千万円
株 主
大塚化学株式会社51% 、三菱ガス化学株式会社49%
沿 革
1950年
大塚化学 水加ヒドラジン事業開始
1970年
三菱ガス化学 水加ヒドラジン事業開始
1991年
KOC Co.,Ltd.(大塚化学関連子会社)水加ヒドラジン事業開始
2004年
エムジーシー大塚ケミカル 水加ヒドラジン事業開始
(大塚化学と三菱ガス化学の合弁会社としてヒドラジン事業を継承
2008年
中国での水加ヒドラジンの販売会社
愛莫喜化学貿易(上海)有限公司 を独資で設立
生産能力
  • (100%HH換算)
  • 20,000トン/年
  • 10,000トン/年(四日市工場)
  • 10,000トン/年(KOC Co.,Ltd.)

設立の経緯

大塚化学(株)は、水加ヒドラジン(HH)の日本で最初のメーカーとして、1951年より生産を行い、ヒドラジン誘導体での自家消費と日本及び世界市場に販売、1988年にHHの第2の生産拠点として韓国蔚山にKOCを設立しHH事業を拡大してきた。

三菱ガス化学(株)も四日市工場に独自技術のHHのプラントを有し、日本及び世界市場に販売をしてきた。HH事業に特化・集中し、将来に向け更にその事業を強化・発展させる目的で両社のこの事業を統合し、2004年4月にエムジーシー大塚ケミカルを設立した。

【販売体制】
KOCが生産するHHは当社が、全世界に輸出販売するとともに徳島工場で濃調し日本国内の顧客に販売している。四日市工場で生産するHHは日本国内向け販売が中心で一部は海外へも輸出している。

工場および関連会社

四日市工場
〒510-0886  三重県四日市市日永東2-4-16
Tel :0593-45-8800 / Fax :0593-47-0799
KOC Co., Ltd. 本社
(関連子会社 )
67-34 Ijin-ro,Onsan-eup,Ulju-gun,Ulsan, 689-689 Korea
Tel :+82-52-240-1200 / Fax :+82-52-238-5886
水加ヒドラジン(HH)、NaOH及びLiq.Cl2の製造、韓国内販売